[記事のポイント]

(1)日本で働く外国人労働者は2016年時点で100万人を突破。急増しているのが技能実習生と留学生だが、後者には職種制限がないため「偽装」も増えている

(2)多くはベトナムなどからブローカーに借金漬けにされて来日する。日本人が嫌がる肉体労働で搾取され、しかも稼ぎは専門学校などに吸い上げられる

(3)政府は留学生30万人計画を掲げている。だが、本来は親日の若者を育てるべき留学制度が、逆に反日の外国人を増やす結果になっている

 

東京・中野区の混み合った住宅街にある2階建てのアパート。階段を上った先の1室が、ある日本語学校の「寮」として使われている。部屋の広さは4畳半程度。窮屈そうなユニット式の風呂とトイレはあるが、1人で暮らすにしても狭い物件だ。そこにベトナム人留学生が3人で暮らしていた。

寮費は1人月3万円。1室9万円なのでアパートとして借りた場合の2倍ほどになる。日本語学校がボッタクっているのだ。学費を加えれば、留学生の負担は年100万円を超える。平均賃金が月1万〜2万円というベトナム人にとっては莫大な額だ。そんな大金を投じてまで、なぜ彼らは日本で暮らすのか。尋ねると3人とも同じ答えだった。

「仕事です。できるだけ長く、日本で働きたい」

彼らの目的は「勉強」ではなく「出稼ぎ」なのだ。こうして出稼ぎ目的で来日した揚げ句、劣悪な暮らしを強いられる留学生が今、日本中で急増している。

アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP