にのみや・りょうたろう●1974年生まれ。2015年三菱商事から経営企画室長としてオーケーに出向。16年6月から現職。(撮影:今井康一)

「オーケーに来て買い物をすれば、とにかく損はさせません」という理念を徹底するため、1986年以来、当社は“Everyday Low Price”(EDLP)の方針を採用してきました。毎日、競合店の特売価格を下回る価格で商品を提供するのです。

最近では他社もEDLPに向かっています。特売で訴求する場合、特定の1週間の売り上げが一時的に急増するなどブレが大きい。EDLPなら、販売数量の予測が容易で発注や品出しの作業を効率化することができます。

低価格の目玉としてプライベートブランド(PB)を展開するスーパーがあるが、オーケーはあくまで食品メーカーのナショナルブランド(NB)が主力です。なぜならばそれが顧客にとっていちばんわかりやすいから。NBで理想的な価格が実現できないときはPBを使うこともあるが、PBの販売比率を何%に……という考え方はしていません。