SCREENの洗浄装置が台湾などの大手顧客に“爆買い”されている

「すばらしい決算だ」。2017年1月末から始まった半導体製造装置各社の4〜12月期決算説明会では業界アナリストから称賛の声が相次いだ。

注目すべきは受注額の大きさだ。国内最大手である東京エレクトロンの10〜12月期の受注額は前年同期から実に73%増の2976億円となり、過去最高を更新した。

洗浄装置が主力のSCREENホールディングスも、10〜12月期の半導体部門の受注は648億円と過去最高。想定以上に旺盛な需要を受け、業績予想を上方修正した。

半導体チップが正確に作動するか試験するテスターと呼ばれる装置を扱うアドバンテストは、韓国からの受注が前年の2.3倍の146億円へと急増。1〜3月期には10年ぶりに売上高が500億円の大台を突破する計画だ。10年前は携帯電話の普及に伴い、半導体業界に追い風が吹いたタイミングだった。

今、製造装置業界を牽引するのは、顧客である半導体メーカーの旺盛な設備投資だ。

韓国サムスン電子などのメモリ半導体企業は、「3次元NANDフラッシュ」と呼ばれる新型半導体の量産に向けて設備投資を進めている。サーバー向けの需要が急拡大しており、供給が追いついていない。半導体受託製造の台湾TSMCも、次期iPhone向けに供給される最先端半導体の量産体制を整えるべく製造装置を“爆買い”している。