機体のデザインも特徴的なピーチ(写真上)。ANAは“親”としてどう向き合うのか(撮影:尾形文繁)

2月24日夜、LCC(格安航空会社)大手ピーチ・アビエーションの井上慎一CEOの表情は、明らかに曇っていた。

ピーチの筆頭株主であるANAホールディングス(HD)は同日、304億円を投じて出資比率を38.7%から67%へと引き上げ、4月をメドに子会社化すると発表。これを受け急きょ、井上CEOは本社を置く関西国際空港で、ANAHDの片野坂真哉社長との記者会見に臨んだ。

片野坂社長は「ピーチの高い企業価値の果実をより多く取れるようになる」と満足げに語る。井上CEOは「(初便就航から)これまでは孤軍奮闘してきたが、成長フェーズは競争が激しくなり1社では無理。ANAのサポートを得ることで戦略を一層加速する」と述べた。ANAからは運航や整備での支援、航空機や燃油の共同調達といったサポートを受けるという。

ANAの社内プロジェクトから出発したピーチは、2012年3月に日本初のLCCとして運航を開始。そのネーミングや内外装のデザイン、「ウナギ味のナマズごはん」の機内食、段ボールでできたチェックイン機など、従来の航空会社にはないユニークな取り組みで人気を得た。