子どもがいる家庭の最大の心配事は、1人当たり1000万~2400万円かかるといわれる教育費だろう。

その準備方法として、多くの親が検討するのが学資保険だ。学資保険の一番のメリットは、必要な時期に決まったおカネを受け取れること。万が一、親が死亡した場合でも、以後の保険料の支払いは免除となり、当初の契約どおりの時期に学資金を受け取れる。学資保険が「教育費専用の保険」といわれるゆえんだ。

しかし、今の時代、学資保険だけで教育費に備えるという発想は間違いだ。

(注)A=高い B=普通 C=低い D=かなり低い (出所)筆者作成

教育費は読めない出費が多い