筆者はグローバル化にはメリットがあると確信している。グローバル化によって地域、国、人々の距離が縮まったことは、この時代の最良の出来事だと考えている。

だが現在、一人のポピュリストが保護主義を掲げて米大統領の座に就いている。ほかの多くの国でもグローバル化推進論者が「敗者」とされ、ポピュリスト台頭を招いている。

筆者が生まれた頃、世界の人口は25億人だった。いずれ飢餓が世界中に蔓延し、貧富の差が広がり、世界が破滅するのではないか。当時多くの人がそんな危惧を抱いていた。