ロシアと欧米諸国との距離は今、冷戦時代以降で最も広がっている。もちろん両者の利害が一致している点もある。冷戦時代の最悪期でも両者は部分的に協力していた。今もテロリストの攻撃を防ぐとともに、核戦争などの惨事を回避するために連携しなければならない状況は変わらない。

冷戦終結後、国際社会は「ユーロアトランティック」(欧州・大西洋地域)の安全保障に尽力してきた。しかし、その努力は緊急性と創造性を欠いていた。すべての当事者が新たなイニシアティブを発揮しないかぎり、事態は悪化するはずだ。実際にテロリストはモスクワ、イスタンブール、パリ、ブリュッセル、ニューヨークといった都市を攻撃した。

2013年以降、ウクライナで殺害された人々は数千人に上るとされる。今日もどこかで新たな戦闘による死者が出ているかもしれない。また罪なき難民が、中東や北アフリカの壊滅的な戦争から逃れようとしている。そうした中、欧米諸国とロシアの関係は急速に緊迫化しており、事故や過失、誤算が新たな戦争を引き起こすリスクが高まっている。

両者の共通の利益を高めるための第一歩は、ユーロアトランティックの安全保障を改善するための、具体策を施すことだ。考えうる具体策は以下の五つである。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP