[ポイント1]
2013年4月、日銀総裁となった黒田の異次元緩和が始まった。デフレ脱却の挑戦において、難所は人々の予想インフレ率の引き上げが起こるかどうかだ

[ポイント2]
初めの1年は順調だった。だが、資源価格急落が始まってからは2%目標達成時期の延期を繰り返し、ついに自身の任期中に達成できないことを明かした

[ポイント3]
しかし黒田はいまだ敗北を認めない。「主知の人」は、自らの知の蓄積を総動員した挑戦が、人生で最大の誤算となったことを認められないのではないか

 

 

2013年4月3~4日。黒田東彦(はるひこ)が日本銀行総裁に就任して1回目となる金融政策決定会合が開かれた。

議事に臨んだ黒田の様子は、決意とは裏腹に実に落ち着いていたと審議委員の一人は言う。気負いや緊張は見えず、時に朗らかな笑みすらこぼした。そんな雰囲気は、あのような政策が打ち出されたことの突飛さを際立たせたに違いない。

幕開けとなった2013年4月4日の金融政策決定会合。黒田は淡々としていたという(時事)

事務方として同席した日銀幹部は、事前に政策の中身を知るよしもなかった。「大胆なことをするんだろうなと傍らでただ眺めていたら、緩和の規模が想像以上に大きくて、『本当かよ』と目を疑った」という。

「2%の物価上昇率を2年程度の期間をメドに実現する」。「マネタリーベース(日銀が供給する通貨)および長期国債・ETF(上場投資信託)の保有額を2年で2倍に拡大」「長期国債買い入れの残存期間を2倍以上に延長」──。日本経済史に刻まれる挑戦の幕開けであった。