「もはやなくてはならない存在です」。東京都内のIT企業に勤める30代男性は「UberEATS(ウーバーイーツ)」についてそう話す。男性が働くオフィスには昼食時間帯、黒い箱を背負う配達員がほぼ毎日出入りする。

ウーバーイーツは配車アプリの巨人・米ウーバーテクノロジーズが手掛ける「出前」のサービスだ。ユーザーは専用アプリ内のリストにある店の料理を注文すると、およそ30分〜1時間後に指定の場所で受け取れる。料金は店頭価格と基本的に同じで、事前登録したクレジットカードから引き落とされる。

ウーバーイーツの特筆すべき点は、届ける人が注文した店の従業員ではなく、ウーバーから仕事を請け負った「配達パートナー」であることだ。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP