白煙を上げるロジパーク首都圏。窓が少なく、火元に放水しにくいため消火が難航(朝日新聞社 / 時事通信フォト)

200億円もの資金を投じた事務用品通販大手・アスクル自慢の物流センター、「アスクル ロジパーク首都圏」(埼玉県・三芳町)が危機に瀕している。2月16日に1階の段ボール置き場で発生したとみられる火災は、在庫商品の多い2、3階へと延焼。当時倉庫内では400人以上が作業しており、火災で男性従業員2人が重軽傷を負った。

延べ床面積が広く、外壁は窓などの開口部分が少ないこともあり、消火活動は難航。周辺地域に黒い煙が立ち込める中、消防当局は重機で壁を壊して放水し、鎮静化するかに見えた。が、19日未明に二度の爆発が発生した。倉庫内のスプレー缶に引火したもようだ。約4.5万平方メートルが焼失し、発生から7日目の22日午前9時半、ようやく鎮圧された。

販売にも影響が出ている。オフィス用品の通販についてはほぼ通常通りだが、食品や化粧品などを扱う個人向けインターネット通販「LOHACO(ロハコ)」は、2月22日時点で東日本地域では取扱商品が限られている(2月末メドに通常化)。

アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP