[ポイント1]
控えめと評された大蔵官僚・黒田に大胆さを吹き込んだのが「ミスター円」こと榊原英資元財務官だ。黒田は榊原の「異次元介入」にサプライズ戦術を学ぶ

[ポイント2]
1995年、79円台に進んだ超円高に対し、前例のない巨額為替介入を指揮したのが榊原だ。「とにかく勝つまで介入しろ」が現場の黒田への指示だった

[ポイント3]
2002年、黒田はインフレ目標など非伝動的な金融政策採用を訴える論文を河合正弘と共に発表。10年後、これを公約に掲げ首相となった安倍晋三から声がかかる

 

 

日本銀行の新総裁に内定した際、黒田東彦(はるひこ)は「そんなに控えめなほうでないと言われております」と(2013年3月4日衆議院)と自身を評している。若手時代に控えめで穏やかな能吏だった彼が、サプライズなどの演出を駆使し大胆な言動を取るあの「黒田総裁」へと、どう変貌していったのだろうか。

黒田が自身の手法をはっきりと心に刻んだ瞬間がある。それはある型破りな先輩官僚の豪腕を目の当たりにしたときだった。

沈着冷静さに加わった「ミスター円」流の豪腕

 異色官僚との出会い 
榊原の「異次元介入」にサプライズ戦術を学ぶ

1995年8〜9月。一時1ドル=79円台に進んだ超円高を反転させた、大型の為替介入が行われた。指揮したのは大蔵省(現財務省)国際金融局長だった榊原英資。後に「ミスター円」と呼ばれる。黒田は同局次長で、榊原は直属の上司だった。

大蔵キャリアの後半、知的情熱を発露し学究肌の論客として知られるようになる榊原(左)とは1990年代後半の国際金融行政を象徴するコンビとなった。写真は99年の黒田の財務官就任時(時事)