花粉症対策として、民間療法(代替医療)を活用する人は多い。厚生労働省の研究班が10年ほど前に行った調査では、アレルギー性鼻炎患者のうち19%が何らかの民間療法を取り入れていた。ここ数年は、ヨーグルトや乳酸菌剤が人気を集めている。

下図は、主な民間療法の効果を、患者の実感値で表したもの。漢方(医師の処方によらないもの)や鼻スチーム療法などで40%以上の有効率が示されている。ただ、効果がないと評価している人も同程度おり、個人差が大きいようだ。

(注)漢方は医師の処方によるものは除く (出所)厚生労働省「花粉症の民間医療について」

花粉症に効果があるとうたうには、当然、有効性を示す必要がある。医薬品の開発では、患者や医師が区別できないようにして薬物とプラセボ(偽薬)を投与する試験を行う。