今や国民病ともいえる花粉症。花粉の舞う季節になると生産性は著しく低下し、経済的な損失も無視できない。その中でも多くの人を苦しめているのがスギ花粉だ。

日本の森林率は約7割と、世界でもトップクラス。最も広い面積を占めるのがスギ林で、国土の約2割に達する。スギは育てやすく、成長も早い。戦争で荒れ果てた山を森に戻し、木材需要に応えようと1960年代から植林を進めてきた。それらの木々が50年を経た今、収穫期に入っている。

拡大する
(出所)林野庁『平成27年度森林・林業白書』

植林の2割は花粉対策苗

ただ、あまりに頑張りすぎたため、今では人が踏み込まないような山奥にまで植林は進み、伐り出すにも伐り出せないスギ林も多く残る。66年当時に樹齢1~10年だった木々が、伐採・出荷に適した46~55年にまで育っても面積が減っていない背景には、こうしたこともある。スギは樹齢25~30年あたりから花粉を放出し始め、100年まで勢いは衰えることがないという。現在のスギ林の8割超が樹齢30年以上のスギで、これらが盛大に花粉を放出している。