今年も花粉症のつらい症状で医療機関にかかる人が多いのではないだろうか。そこで、花粉症を含めて、どのようなアレルギー性鼻炎の治療薬が医療機関で処方されているか、主なものをまとめた。

花粉症の症状は、鼻の3大症状(くしゃみ、鼻水、鼻詰まり)や目の症状(かゆみ、涙、充血など)を中心に多様であり、重症度にも個人差がある。また、シーズンによって出る症状が異なることもある。

薬物療法は、患者それぞれの症状とその程度に合わせて組み立てられている。具体的には、内服薬をベースに点鼻薬や点眼薬が組み合わせられている。下表に示したのは処方量の多い主な内服薬(飲み薬)だが、種類が多いのもこのためだ。