中国では「ご祝儀」「景気づけ」で春節明けに建機販売が集中する。写真は中国の工事現場

需要回復は本物か──。建設機械国内最大手のコマツが、業績復調に向け確かな手応えを感じている。

注目が集まるのは、中国での販売動向だ。コマツなど外資メーカーによる販売台数は「4兆元景気対策」の効果が出た2010年度をピークに、15年度には5分の1以下にまで縮小。それが昨年7~9月期から前年同期比で増加に転じ、10~12月期には同8割近い伸びを示した。

コマツの中国における10~12月期の売上高は人民元安があっても32%増えた。独自の建機稼働管理システム「KOMTRAX」のデータを見ると、昨年2月から稼働時間のプラス基調が続き、建機ユーザーの仕事量増加を示唆していた。それが新車の売り上げにつながっている。