2月14日、会見する綱川智社長(右)。淡々とした表情が印象的だった(撮影:今井康一、風間仁一郎)

日本を代表する名門企業が混乱の極みにある。

世間がバレンタインデーで浮かれる2月14日。本来ならばこの日、東芝は2016年4~12月期決算を発表するはずだった。それが、米国の原子力子会社ウエスチングハウス(WH)で内部統制の問題が発覚したため(囲み記事)、決算を発表することができなくなったのだ。

しかも「決算を開示できておりません」とのリリースが公表されたのが、当日の正午。そして提出延長の申請を公表したのが午後2時半というドタバタぶりである。

もともと今回は単なる第3四半期決算ではなく、特別な意味があった。