イラスト:浜畠かのう

細田晴香さん(仮名)は3歳の頃にピーナツアレルギーを発症して以来、30歳になった現在もその症状に悩まされている。職場の同僚にお土産としてもらうお菓子は、自宅に持って帰り家族に食べてもらう。安易に食べると口の中の違和感や、ひどいときには顔のはれ、呼吸困難などアナフィラキシーの症状が出ることがあるからだ。

受け取ったお菓子の小袋に原材料表示がない場合でも、「せっかくの好意を無にするような気がしてピーナツが入っているかどうか聞くことははばかられるし、入っていたとしてもいらないとは言いづらい」と細田さんは言う。仕事関係者や友人たちとの会食の場合、ピーナツが使われていることが多い中華やインド、アジア料理だと食べられるメニューが極端に少なくて困ることもある。

細田さんのように、乳幼児期に発症し皮膚、粘膜、消化器、呼吸器などに、食べた直後から1時間以内、遅くても4時間以内に現れる食物アレルギー症状を「即時型症状」と呼ぶ。乳児期から幼児期に、卵、牛乳、小麦などで発症した場合は大人になるにつれて寛解する(症状が出なくなる)ことが多いが、ピーナツのほか甲殻類、魚類、ソバ、果物類などは寛解しにくいとされる。

また、乳幼児期の場合、卵や牛乳、小麦などの食物アレルギーを併発しているケースが多い。一方で大人になって発症した場合は、甲殻類、小麦、果物や野菜などさまざまな食物アレルギーを併発することは少ない、という特徴がある。