ドナルド・トランプ米大統領の就任当日、筆者は作家のフィリップ・ロス氏に会った。2004年に出版された同氏の歴史改変小説『プロット・アゲンスト・アメリカ もしもアメリカが…』が、米国でまさに現実となった悪夢を正確に描いていたからだ。

ロス氏はトランプ氏の就任当日、ほかの多くの米国人同様、テレビの中で赤ん坊のような人物がちっぽけな拳を突き上げて空騒ぎする姿に呆然としていたという。ロス氏が気になったのは、トランプ政権のヒロイン、すなわち新ファーストレディのメラニア・トランプさんだった。彼女は就任式で奇妙なほど目立たなかった。来るべき破局を予見して平静さを装っていたのか、それとも熱心な若者からダンスを求められても、あえて応じなかっただけだろうか。

世界は今や新たな「小説」のただ中にある。私はロス氏とこの悲劇的かつコミカルなストーリーについて語り、トランプ体制の下品さにどうすれば対抗できるかを話し合った。