2017年4月、東京・銀座にかつてない巨大商業施設「GINZA SIX(ギンザシックス)」が誕生する。運営するのは百貨店の大丸と松坂屋を抱えるJ.フロント リテイリングだ。16年の百貨店市場が36年ぶりに6兆円を割る中、どのように生き残りを図るか。新商業施設の狙いやインバウンド需要の動向について、就任から4年を迎える山本良一社長に聞いた。

やまもと・りょういち●1951年生まれ。73年大丸入社。大丸松坂屋百貨店社長などを経て2013年4月から現職。(撮影:今井康一)

──GINZA SIXのオープンが2カ月後に迫っている。