日本の大学だけが大学じゃない──。日本の高校を出て海外の大学に飛び出す若者がいる。海外大学の受験資格「国際バカロレア」(記事下囲み記事参照)のコースを設置する高校も出てきている。大学進学の新たな動きを紹介する。

加藤学園暁秀

「好きな化学を英語で勉強したい。第1志望は、子どもの時に住んでいたイリノイ州の大学です」。加藤学園暁秀高等学校(静岡県沼津市)の3年生、佐藤彩香さんは米国の大学を志望している。

クラスメートの藤田信悟さんは、「英語で日本史を勉強して、多様な視点が身に付いた。海外の大学か日本の大学かは決めていないけど、政治学を学びたい」と話す。一方、同じクラスの山品せしりあさんは、国内の大学が第1志望。父親が米国人ということもあって、3人の中でいちばん英語に堪能だ。