最先端で戦うため人材を世界から集める

グローバルエリートを育てる世界の動きは、日本の大学や教育現場を変えようとしている。研究の最先端や人材育成の新潮流を追った。

千葉県柏市の東京大学柏キャンパスにある「数物連携宇宙研究機構(IPMU)」。午後3時になると、建物の中心にある吹き抜けのホール「ピアッツァ・フジワラ」(藤原交流広場)に研究員が集まってくる。研究員に参加が義務づけられているティータイムだ。世界中から集められた、数学、物理で世界トップクラスの頭脳を持つ人々が、コーヒーやクッキーを手に雑談を始め、黒板に数式を書き込みながら議論を交わす。

IPMUのティータイムでは、フランクながらも真剣な議論が交わされる(撮影:梅谷秀司)

IPMUは、素粒子物理学や数学、天文学の力を結集して「宇宙の謎」に迫ろうと、2007年10月に設立された。数学と物理という二つのアプローチから宇宙の起源や進化を解明しようという、世界的にも類を見ないユニークな研究所だ。