教育面で世界のトップを走る米国の一流大学。おカネの管理という点でもその力はずば抜けている。試しに、ハーバード大と東大の経営を比較してみよう。

まず収入規模では、格段の開きはない。年間収入は、東大の2098億円に対し、ハーバード大は37億ドル(2960億円、以下1ドル=80円換算)。差はせいぜい1.5倍だ。

ただし、その中身には大きな違いがある。図表1のように、東大の収入の4割は国からの補助金。収入の19%を占める受託研究収益も、国絡みの案件が中心なので、実質的に収入の6割弱を国に依存している。

[図表1]

一方、ハーバード大の最大の収入源は、寄付基金からの運用収益。これに、その年に得た寄付金を加えれば、収入に占める比率は実に4割を超える。

寄付基金は20年で16倍に

こうした運用益の原資になっているのが、莫大な寄付基金だ。米国の一流大学の寄付基金は、軒並み1兆円を超えており、トップのハーバード大に至っては275億ドル(2.2兆円)もの寄付基金を有している(図表2)。これは慶応大の53倍の額だ。