世界最高の教育を求め、欧米の一流大学に群がる世界の若者。国力アップのために、世界レベルのエリート育成に励む国家。“世界教育戦争”が始まった。

「合格率は過去最低の6.2%」──。今年、ハーバード大学には、世界中から3万4950通もの出願が寄せられた。ハーバードだけではない。スタンフォード、イェール、MIT(マサチューセッツ工科大)、コロンビアなど、ほかのトップ大学にも応募が殺到し、合格率は前年を下回った。

米国での受験者増の背景にあるのは、留学生の急増だ。中国やインドなど新興国の台頭により、世界全体の留学生は2000年の200万人から08年には330万人へと増加。その多くが目指すのは、英語圏の大学である。

国力低下がささやかれる米国だが、こと高等教育に限ればその強さに陰りはまったく見えない。世界大学ランキングでは、上位30位のうち3分の2は米国の大学が占める。これはどのランキングでも共通する。

なぜ世界の若者たちは、米国のトップスクールを目指すのか。最大の理由は、それがエリートへの登竜門になるからだ。