子どもの歯と目は成長期こそ矯正可能

子どもの将来のためにできるかぎりのことをしてやりたいと思うのが親心。それでも悩み深いのが歯列矯正だろう。歯並びがよいに越したことはないが、健康保険が使えないため、治療費は100万円前後。それだけの費用をかけるメリットはどこにあるのか。

日本臨床矯正歯科医会・神奈川支部長で加藤矯正歯科クリニックの加藤裕也院長はこう説明する。「歯列矯正は歯並びという美容の側面から語られることが多いが、それは咬み合わせをよくすることでもある」。

ところが、子どもの歯の矯正を考える親でも、咬み合わせについての認識は意外に低い。同クリニックでは、子どもの患者の7~8割が女児。「男の子は多少歯並びが悪くてもいいが、女の子はかわいそう」と、美容面を重視する親が典型的だという。

咬み合わせが呼吸に影響、睡眠時無呼吸症の発症も