心臓はポンプに例えられる。血液を全身に送り出し、全身から血液を迎え入れる。肺とも血液をやり取りして、血液に新鮮な酸素を取り込んでいる。

血液には動脈血(酸素が多い)と静脈血(二酸化炭素が多い)がある。正常な心臓は左心室・左心房・右心室・右心房の四つの“部屋”に分かれ、動脈血は肺→肺静脈→左心房→左心室→大動脈→全身、静脈血は全身→大静脈→右心房→右心室→肺動脈→肺、と循環する。

その心臓が抱える病気が心臓病だ。心臓病は大人でも死因の2位(1位はがん)。ただ、同じ心臓病でも大人と子どもでは大きく異なる。

大人では生活習慣病を背景に、心臓を取り巻く冠動脈に“詰まり”ができる心筋梗塞が典型的。一方、子どもでは先天的に心臓や血管の形が異常だったり、心房間や心室間の壁に穴が開いたりする病気が多い。生まれつき心臓に異常のある子どもは100人に1人とされるが、治療成績はここ数十年で格段に高まった。