鳥飼玖美子氏は日英同時通訳の草分けだが、英語を真剣に始めたのは高校生と意外に遅い。自身の学習歴と若者への指導経験を基に、幼少期の英語学習に一貫して否定的な鳥飼氏に考えを聞いた。

立教大学 名誉教授 鳥飼玖美子
とりかい・くみこ / 1969年、上智大学外国語学部(イスパニア語学科)卒業、英サウサンプトン大学大学院博士課程修了(通訳学)。著書に『本物の英語力』など。(撮影:風間仁一郎)

──幼児英語熱は高まる一方です。

背景にあるのは親や先生ら大人の「幼児期に英語を始めさえすれば、苦労せず自由自在に使えるようになる」という思い込みだ。しかしそれは幻想以外の何ものでもない。外国語であるかぎり、どこかで意識的な苦労をしなければ使いこなせないことを、大人がまず認識すべきだ。

英語に限らず、一般的に人間は5〜6歳までに約3万時間を費やして母語を習得する。またその過程は家族ら、子どもに深い関心を持つ大人との濃密なコミュニケーションで支えられている。単にシャワーを浴びるように音声を聞くだけでは、英語は学べないのだ。

「中・高・大学で10年間勉強したが英語ができない」と嘆く人がいるが、10年のうち真水の学習時間を積み上げるとせいぜい2カ月。そこに幼児学習を足したところで、母語を習得する3万時間との差は埋めようがない。

一方で、非英語圏からの移民が多いカナダには興味深い研究がある。母語の読み書き能力を身に付けてから移住した子どもはより短期間にネイティブスピーカー並みの読み書き能力を身に付けるのに対し、母語確立前の幼児期に移住した子どもは発音こそあっという間に習得するものの、読み書きにはむしろ長い時間がかかるというものだ。つまり、幼少期には英語学習よりも日本語でしっかり読み書きできる力をつけるほうが意味があるといえるのだ。

──早期の英語教育に害も?