ポピュリズムとは何か - 民主主義の敵か、改革の希望か (中公新書)
ポピュリズムとは何か - 民主主義の敵か、改革の希望か (中公新書)(中央公論新社/244ページ)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。
みずしま・じろう●千葉大学法政経学部教授。1967年東京都生まれ。東京大学教養学部卒業、東大大学院法学政治学研究科博士課程修了。博士(法学)。オランダのライデン大学客員研究員、甲南大学法学部助教授などを経る。専攻はオランダ政治史、欧州政治史、比較政治。

分厚い知見に照らし分析してみせた良書

評者 北海道大学大学院教授 遠藤 乾

橋下徹氏からトランプ氏まで、21世紀は「ポピュリズムの世紀」となった。2017年も欧州で国政選挙が続き、その勢力の伸長は確実視されている。

本書は、もはや一過性の現象とはいえぬこのテーマをいま読み解くのに最適である。