2016年は英国のEU(欧州連合)離脱により欧州統合が逆行したほか、米大統領選でドナルド・トランプ氏が勝利するなど、政治的には最悪の1年間だった。リベラル派は今後、何らかの希望を見いだせるのだろうか。キリスト教では絶望することは大罪だと信じられているが、一筋の光明は差している。

米国では権威主義者のトランプ氏に支配されるのはまっぴらとの強い意見があり、リベラル派が新政権の反対勢力を築こうとしている。

市民団体やNGO(非政府組織)、学生、人権活動家、民主党議員、さらに共和党員の一部もこうした流れに乗りそうだ。大衆の抗議行動が再燃し、リベラル的な理想主義がポピュリズムを打破する可能性もある。