マイナス0.3~0.5%の間で、2016年3月以降は水面下が続くコアCPI上昇率(図表1)。13年4月に黒田東彦・日本銀行総裁が異次元緩和を始めた当時と同じ水準に戻ってしまった。しかし、17年はプラス圏への浮上を見込む声が多い。

[図表1]
拡大する

まず、「円高の一巡でコアCPIは上がりやすくなる」(JPモルガン証券の阪上亮太チーフ株式ストラテジスト)。

さらに大きな要因は、原油安の影響がなくなることだ。16年初めに1バレル=40ドルを割っていた原油価格は、16年半ばに入り50ドル超まで上昇。11月のOPEC総会では8年ぶりに減産で合意し、原油価格は底を打ったとみられる。