グーグルが満を持して投入した「グーグルアシスタント」。シリコンバレーの開発拠点を直撃した

「OK、グーグル」。米国シリコンバレーにある、検索大手・グーグル本社。スマートフォンに向かってそう話しかける社員を見掛ける。

2016年9月、グーグルの本命ともいえる新サービスが始まった。検索事業の責任者、ジョン・ジャナンドレア上級副社長が「グーグル検索の進化形」と言うのが、対話型AI(人工知能)の「グーグルアシスタント」だ。話しかけると、ネット上のあらゆるサービスとつながる。

AIの専門家であるジャナンドレア氏が2016年に検索責任者に就き、AI重視の姿勢が鮮明に

対話型AIといえば、米アップルがiPhoneに搭載した「Siri」や、米アマゾンの「アレクサ」が先んじている。だがジャナンドレア氏は「検索エンジンもGメールも、業界初のものではなかった。(早さよりも)よりよいものを出したい」とする。

日本語版も開始

サンフランシスコにある対話型AIの調査会社、オーパスリサーチの創業者であるダン・ミラー氏は「Siriやアレクサよりも、グーグルアシスタントはAIとして賢くなるのが格段に早いだろう。これまで検索や広告で培った技術が生きる」と見る。