株価収益率(PER)が一般的に割高とされるのは20倍以上。そうなっているケースが多いのが高成長銘柄だ。しかし、高成長銘柄と成熟した銘柄を同じ基準で比較するのは無理がある。そこで活用したいのが、成長性…