新設住宅着工戸数は1996年度の163万戸をピークに減り続け、2008年度の約104万戸を最後に、100万戸を割り込んだままだ。消費増税前の駆け込み需要で13年度には一時的に98万戸に達したが、10…