12月15日に訪日するロシアのプーチン大統領。安倍晋三首相との首脳会談で北方領土問題に前進があるのかどうか、日本国内の政局も絡んで注目されている。

その中でプーチン氏が2012年3月に会談したジャーナリストに述べた「領土問題は引き分けがよい」という発言が話題になっている。「引き分け」なら北方四島のうち歯舞(はぼまい)、色丹(しこたん)の二島返還で日ロ両国が歩み寄れるのではないかという憶測も呼んでいる。だが、ロシア側は北方領土へのミサイル配備を進めるなど強硬姿勢を見せており、双方の妥協は簡単ではない。 

プーチン氏の発言を引き出したのは当時、朝日新聞の主筆を務めていた若宮啓文氏。朝日の政治部で私が薫陶を受けたジャーナリストだ。

プーチン氏は大統領選を直後に控え、各国のメディア代表と会見した。若宮氏が「北方領土問題で大きな一歩を踏み出す用意がありますか」と尋ねたのに対して、プーチン氏は「領土問題は、勝つことを目指すより負けないことが大事だ。引き分けがよい」と答えた。