新聞、テレビ、インターネットなどで医療記事や医療番組を見ない日はない。特に芸能人ががん闘病を公表した後などには、さまざまな関連情報が「量産」される。それだけ医療は多くの人に読まれる「キラーコンテンツ…