人々が心酔している対象について、「よく見ろ、そいつは裸だ」と叫ぶのは勇気がいる。それをやり続けているのが、辛口ブログで有名な山本一郎氏だ。「1億円は貯められる」のキャッチフレーズで注目された投資助言のアブラハム・プライベートバンク、スマートフォンゲームなどITベンチャーのサイバーエージェント、糖質制限ダイエットのライザップ……。「切込隊長」のハンドルネームどおり、バッサバッサとブログや著書で斬り続けてきた山本氏。なぜこれほどまでに世の情報を疑うのか。

投資家・著作家 山本一郎
やまもと・いちろう / 1973年東京都生まれ。慶応義塾大学法学部卒業。IT関連のコンサルティングや知的財産権管理などを手掛けるイレギュラーズアンドパートナーズの代表取締役。過去には西村博之氏と2ちゃんねるを運営したことも。

──アブラハムは2013年に金融庁の処分を受けましたが、この問題を早期から指摘していました。

まずいと気づいている金融関係者は、ずっと以前から何人もいました。彼らは証券会社に勤めているなどの理由で、自分の名前では警鐘を鳴らせないし、調べきれない。だから「山本君はどう思うの?」と僕に振るわけです。ちょうど僕自身も「毎月5万円の積み立てで1億円貯まるなんて、ひどい誇大広告だ」と考えていたので、お互いに考え方を交換して、問題を詰めて、最後にその内容を財務局に質問状として出しました。これが摘発の糸口になったという経緯です。