東京五輪を前に、都心の再開発が勢いを増す。不動産大手の森トラストも、虎ノ門で高級ホテルが入る超高層ビルの建設に着手した。一方で将来的にオフィスやホテルが供給過剰になるという不安も残る。父・森章氏の跡を継いだ伊達美和子社長に、今後の展望を聞いた。

だて・みわこ●1996年慶応大学大学院修了。長銀総合研究所を経て98年森トラスト入社。2016年6月から現職。(撮影:梅谷秀司)

──都心の開発が加速している。

五輪関連施設以外の新しい建物も含めて、この4年間で東京は進化していく。ホテル、商業施設も中身を進化させ、世界から訪れる人々のニーズをつかむことが重要だ。

日本人はハードを重視しがちだが、立派な建物を造ることが終着点ではない。東京はただ古い街ではなく、新しいものも混在する希有な場所。日本文化の価値をどう見せるか。滞在者がさまざまな体験をできるように、「こんな(街の)楽しみ方がある」と、付加価値を提案していかなければならない。

東京にはインフラがあるので、そうした課題をクリアすればニューヨークなどと戦える都市になる。

──虎ノ門の開発で重視した点は。