社長に就任するポール与那嶺氏

日本IBMは1月5日、副社長だったポール与那嶺氏(57、写真)の社長就任を発表した。前社長のマーティン・イェッター氏(55)は会長に就任し、米本社の上級副社長を兼務する。

与那嶺氏はKPMGコンサルティングやホノルル市長特別顧問、日立コンサルティング社長などを経て、2010年に日本IBM入社。13年から副社長を務めた。米国籍の日系3世で、父は元プロ野球選手の与那嶺要氏だ。東京生まれ、サンフランシスコ大学卒と、国際感覚は豊かである。流暢な日本語と英語を操り、自ら足を運んでの営業で実績を挙げてきた。

日本IBMの業績は現状で芳しいとはいえない。営業利益は10年度の1282億円から、13年度に887億円と3年連続減だ。14年度は発表していないが、7~9月期は減収に陥った。

以前は日本に根を張った外資の代表格とされ、米本社からの独立性も高かった日本IBM。しかし、05年に社員による売上高の不正会計問題が発覚、米本社が決算修正したのを機に、本社による経営関与が強まった。かつて椎名武雄氏や北城恪太郎氏など、個性の強い日本人トップがいたものの、12年には56年ぶりに外国人社長が復活した。

事業面でもハード事業からサービス事業にシフト。05年には、米本社がPC事業を中国レノボに売却、消費者と接点あるIBMブランドも、しだいに姿を消していった。