「分裂を乗り越えて対話を」と書かれたプラカードを掲げて団結を訴える男性(撮影:肥田美佐子)

米国史上「最も醜悪」な争いといわれた大統領選挙が幕を閉じた。

当初は泡沫扱いされた共和党候補のドナルド・トランプ大勝というビッグサプライズ。米主要メディアのほとんどが、民主党候補のヒラリー・クリントン支持という構図の中、選挙速報の最中に、「ジーザス(クソ)!」と思わず本音を漏らした著名男性キャスターさえいた。

今回の大統領選では、共和党幹部がトランプのセックススキャンダルや人種差別的発言などを問題視。相次いで自党の大統領候補の不支持を表明するなど、党が分裂する前代未聞の事態に陥った。

一方のクリントン側も、国務長官時代に公務で私用メールを使っていた問題が傷となって、終盤まで接戦に持ち込まれていた。投票日直前にFBI(米国連邦捜査局)が訴追を見送ったことで逃げ切ったかと思われたが、最後にまさかの大逆転劇が待っていた。

「驚くべき勝利だ。クリントンに対する『ノー』でもあるが、トランプは白人男性の票を大差で獲得した。これが、勝利のカギとなった」と、米ロヨラ・メリーマウント大学の教授で世界政策研究所所長を務めるマイケル・ジェノビースは指摘する。