伊藤桂一さんが亡くなった。50年余、私が兄事してきた作家だ。作家というより人間として接してきた。しかし含羞癖の強い私は、会ってもその都度それほど長く接したわけではない。駅のホームとか路上とか、たまた…