2011年の東京電力福島第一原子力発電所の事故を「痛恨の極み」と反省し、安全対策の抜本的向上の必要性を訴え続けている専門家がいる。事故当時、原子力安全委員会の委員長として事故対応に深くかかわった班目…