50歳のサラリーマンが置かれている状況について話しましょう。多くの人がそうだと思います。将来のことを深く考えずに一心不乱に働いてきたら、ある日、「あれ? 50歳か」と気づくわけです。一般的な企業の定…