10月22日(米東部時間)、米通信大手AT&Tが、米メディア大手タイム・ワーナーを約854億ドル(8兆9070億円)で買収すると発表した。

[図表1]
拡大する

AT&Tのランダル・スティーブンソンCEOは24日、決算報告を兼ねた電話会見で、2017年中にも契約が正式に成立する見込みだと説明。「今はメディアと通信が統合されつつある時代。次なるイノベーションの波は、プレミアムコンテンツと配信の“垂直統合”だ」と、狙いを語った。

垂直統合とは、コンテンツ制作から、携帯電話やパソコンへの配信までを自社内で賄うことを意味する。業界では13年にケーブルテレビ最大手コムキャストとNBCユニバーサルが合併した事がある。

今回はそれ以来の大型合併だけに、業界やメディアは色めき立った。ミシガン大学経営大学院のM・S・クリシュナン教授によれば、合併は消費者が好きな時に好きなものを見るというカスタマイズの傾向を反映したもので、「今後さらに強まる」という。