やぼ用が一段落したので、翔ぶがごとく書店へ走った。目的のコーナーはミステリーの棚だ。ウソォ!と叫びたくなるほど、新刊が平積みされていた。しかも舌なめずりしたいごひいき作家の本が、群を成して平積みにな…