[ポイント1] 僕自身、「副業で本を書く時間があるなら、全力で働いて本業で成果を出せ」と言われたことも。はた目には中途半端感があるのでは?(常見氏) [ポイント2] 僕は会社に寄りかかった生き方…