幕末の長州藩主、毛利敬親(たかちか)は部下から“そうせい候(こう)(殿様)”と呼ばれていた。どんな内容の計画案を持っていっても「そうせい(そうしろ)」と応ずるからだ。ダメだとは決して言わない。吉田松…