「10年前なら絶対に考えられなかった」。ウォルト・ディズニー・ジャパンの社内外からこんな声が聞こえてくる。米ウォルト・ディズニー・カンパニーが、人気作品『リロ&スティッチ』の日本版の制作をディズニー・ジャパンに任せたのが3年前。日本のアニメスタジオと組んで作られた日本版『スティッチ!』は人気を呼び、現在、続編のシーズン2が放送されている。

日本版の舞台は沖縄。登場人物も日本人だ

この好評を受け、年内にもアジアで日本版『スティッチ!』の放送が始まり、来年末までに、実に世界140カ国で放送される運びだ。日本向けに制作された日本発のアニメが、ディズニーの看板をつけて、世界へと配信されることになった。

ディズニー・チャンネル バイス プレジデント&ジェネラル マネージャー / エディ・カックス

制作は日本で完結 モニター調査は毎週実施

「2003年の劇場公開時から、スティッチのキャラクターが日本の消費者に熱烈に愛されていることに気がついていた。調査の結果、人気の程は数字にもしっかり表れていたし、何よりもグッズの売り上げがいつまでも落ちないことに驚いた。他国では公開終了と同時に落ちているのに、日本では売れ続けている。日本に市場があると確信した」(テレビ番組の企画制作を担当しているエディ・カックス氏)。