NBCでは「ザ・ジェイ・レノ・ショー」が大々的に宣伝される

米国メディアで特別な影響力を持つのが、地上波ネットワークテレビ。全米をカバーする4大ネットワーク(ABC、CBS、FOX、NBC)は、広告主が新商品やサービスをアピールするために真っ先に選ぶ媒体でもある。

日本のような全国紙が存在しないことも、4大ネットワークの存在感を際立つものにしている。しかしその4大ネットワークがさまざまな難問を抱え、ピンチに立たされている。

ネットワークの存続にかかわる危機

米ネットワークが直面している難問には、大きく分けて、「広告(CM)不況」「テレビ離れ」「番組制作費の高騰」などが挙げられる。

まず、広告不況だが、2008年のネットワークテレビ広告費は前年比3・5%減少となる220億ドル(米調査会社ニールセン)。広告事情専門の米調査会社TNSインテリジェンスによれば、CM売り上げが前年度割れしたのは05年以来のことだ。

09年はさらに悪化。09年上半期の広告出稿量は過去最大規模の15%減(前年同期比)。毎年5月に行われる米テレビ界の重要イベントで、新シーズン(9月以降)向けのCM売り交渉「アップフロント」では、昨シーズン比20%も落ち込んだ。