伊東花夏(かな)さん(仮名、以下同じ)は、大手専門商社で営業事務をしている。昨年、最初の子が生まれ現在は育児休暇中だ。

伊東さん夫妻が物件探しを始めたのは2011年のこと。「不動産業者は怪しい人たちが多いから、やめたほうがいい」。夫の享さんは最初、反対していた。しかし花夏さんが不動産業者を訪問しだすと、見かねて享さんも同行するようになった。

入居者を確保しやすいように物件は東京23区内、表面利回り年10%以上で探した。予算は4000万円以内で、そのうち1割は自己資金の計画だった。

誰もが見られる不動産サイト、「HOME'S」や「SUUMO(スーモ)」で物色し、めぼしいものが見つかると業者に連絡し、情報を得る作業を繰り返した。

しばらくして足立区北千住に安い土地が見つかった。ここにアパートを建てれば高い利回りが期待できそうだ。夫妻は設計士に設計図面まで描いてもらったが、接道義務を満たしていないことが判明し、新築住宅を建てられないとわかった。