「あのときまでは、いい感じの会社人生でした」

神奈川県在住の谷口栄介さん(仮名、以下同じ)。東京都内の大学を卒業し、29歳のとき中小電機メーカーに転職した。営業職として社長に認められ、32歳でマネジャーと同格のポストに抜擢された。

だがそれから1年後、谷口さんの会社人生は暗転する。経営者が替わったのだ。当初は後任社長からも気に入られ、しばしば意見を求められていたが、いつの間にか会話はなくなった。

「私は、違うと思ったらハッキリ言う性格。どこかでしゃくに障ることを言ってしまったようだ」

谷口さんはまったく経験のない購買・調達部門に異動になった。マネジャー級から平社員へ異例の2段階降格となり、年収は600万円台から400万円台にダウンした。

最初は実力で見返そうとした。購買の仕事を必死に学び、職場からも認められるようになった。だが、トップの評価は覆りそうもなかった。

会社人生に希望を見いだせなくなった。転職には年齢がいっている。しかし会社依存からは脱却したい。