表彰された優秀店舗の中には胸の内が複雑な者も(撮影:尾形文繁)

国内では電子書籍や携帯電話など事業領域を拡大、海外では大型の買収を連発し、成長に向けひた走る楽天。だが、屋台骨の「楽天市場」を支える店子との関係は、曲がり角を迎えている。

「正直言って、面白くない」。こう話すのは日用品を扱う楽天市場の出店者だ。この出店者が憤る相手は、楽天の子会社ケンコーコムが手掛ける日用品特化型のECサイト「楽天24」である。楽天24はもともと、2010年10月に楽天本体が出店。14年1月にケンコーコムが事業を承継した。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP